ミニマルな構成要素のテーラードジャケット

ミニマルな構成要素のテーラードジャケット

MILAN RIB ENWRAP JACKET

衣服には様々な伝統的な要素がありますが、もはや今の時代にはあまり必要なくなったディテールも多くあります。CFCLが提案するのは、現代生活のためのミニマルなデザインです。

例えば、テーラードジャケット。2つボタンが一般的ですが、下のボタンはあまり使われません。またポケットのフラップは、室外では表に出し、室内では中にしまうのがいわゆるマナーとされていますが、気にする人はあまり多くありません。そこでボタンは1つに、ポケットは脇の縫い目と一体化させました。もちろん、テーラードジャケットのアイコンであるラペルはそのままに。

ニットならではのルームウェアのような着心地でありながら、スマートカジュアルのドレスコードにも対応できる一着です。

MILAN RIB ENWRAP JACKET - NAVY - はこちら

← OLDER NEXT →