News /

CONSCIOUSNESS - VOL.3 REPORT

CONSCIOUSNESS - VOL.3 REPORT
CFCLでは、2020年設立当初から、衣服の機能性の追求と同時に環境保全への試み、最適な国産素材の選択、サプライチェーンの透明性を事業の根幹に置き、服づくりを通じた活動の中で、いま私たちにできる取り組みを続けています。

2021年1月に発売したファーストコレクションVOL.1から1年が経ち、今回のCONSCIOUSNESS VOL.3 REPORTでは、VOL.1やVOL.2以降の活動の進捗報告や今後のアプローチを含め、内容をより広く開示しています。

VOL.3を通して行った活動と結果は、以下の4項目です。

1. LCA(ライフサイクルアセスメント)において、対象商品の範囲を広げ、POTTERYシリーズに加え、POTTERY KIDS、FLUTED、LATTICEシリーズを含め全17型へと拡大し全体の38%を算出しました。生産過程から最終廃棄過程において、「どのようにアプローチすればカーボンニュートラルを達成できるか?」、その道筋を検証しています。

2. 地球環境や基本的人権への責任が認証された素材の使用率が8.22%向上し66.34%となりました。(VOL.1比較)

3. VOL.2で行ったSDGs Performance Guidelineのアンケートをもとに、東北、北陸、関東の生産工場各社を訪問し、SDGsに関する課題について話し合い、どのように解決していけるか、協議を開始いたしました。今回のレポートでは、POTTERYシリーズをVOL.1から生産いただいている工場での成果事例を併せてご報告します。

4. シーズンアイテムの残り糸をアップサイクルしたプロダクトをご紹介します。

詳細は、CONSCIOUSNESS VOL.3 REPORTのページをご覧ください。

← OLDER NEXT →