News /

カラフルな再生ポリエステルが覗く和紙の出窓

カラフルな再生ポリエステルが覗く和紙の出窓
ORIEL PAPER TOP

人々の生活を容れる器である建築において、その内部と外部をつなぐ存在が窓です。Windowは 「風の目」を語源とします。建築物を人間の身体に喩えるならば、窓は外界を知覚するための器官であると人々は考えてきたのでしょう。

今シーズンのCFCLは、建物の内側から見るランドスケープに着目しました。光や色彩、そして吹き込む風を捉え、季節を感じるKnit-wareとして提案します。

小さな窓が開いたような複雑な編み組織は、「出窓」 を意味するオリエルがインスピレーションです。表側は紙とポリエステルをミックスした太い糸、裏側は再生ポリエステルを3色ボーダーで仕立てました。鮮やかな色彩を持つVネックのプルオーバーや短めのショーツなど、ニットらしいテクスチャにスポーティなスタイルを取り入れた、より軽やかなシリーズです。

WHITE、BLACK、PINK MULTI、NAVY MULTIの4色展開です。

← OLDER NEXT →